excitemusic

案外、お買い物好き!
by Realisticnagoya
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


現代陶芸?

やり始めると止まらない、いつもの悪いクセでメインオーディオのスピーカ−の上の陶器,ガラス器まで模様替え。やっぱり今の気分は陶器かなと思ったら、最近復活し始めた美術熱が加わって現代陶芸の方向へ。現代陶芸と言えば植葉香澄さん。早速、常設展中のGallery顕美子に。植葉さんの作品はほとんど在庫がなかったけど、今ある陶器にも合わせやすそうな大きめの鉢を購入。早速模様替えに取りかかるってみると、やっぱり植葉さんの作品は単独の方がいい。もうこうなったら左右のスピーカーの上を全取り替えする覚悟で再び顕美子へ。この前のキャッスルのアートフェアーで気になった小川待子さんの作品を購入。なぜかこの2人には魅かれる。陶芸っていうより美術に近いと思うのは僕だけ?かくして我が家のスピーカ−の上の模様替えは終了・・・だよね?

左スピーカ−の上は、一転してクールでミニマルな雰囲気に。
c0128879_8245367.jpg

模様替え前は北欧よくわかんないミックス。
c0128879_1161090.jpg

小川待子さんって結構なお年なのに、作品はカッチョイイ!現在、豊田市美術館で個展開催中 http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2011/special/machikoogawa.html
c0128879_8252785.jpg

植葉さんもこうして見るとかなり個性的。これをインテリアにどう馴染ませるか考えるのが楽しい。
c0128879_826224.jpg

模様替えの発端になったセイウチ君。彼の置き場所探しがこんな大げさなことになるとは・・・。
c0128879_12629100.jpg

[PR]
# by Realisticnagoya | 2011-10-01 01:30 | 美術

アップル地獄

セカンドデスクを設置してみると、何か物足りない。やはりパソコン。いまや会社でも自宅でもパソコンのない机って考えられません。そこで初めてデスクトップパソコンを購入してみました。理由は画面が大きくて高性能、それでいて割安。機種は迷うことなくiMac。一台くらいWindowsマシンがあった方がいいかなと思ったけど、どれもデザインがイマイチ。いざ導入してみると非常に快適。メインのマシンになりそうな勢いです。それにしても我が家は、アップルの囲い込み戦略に見事にハマってる。iPod、iPhone、iPad、Macbook Pro、Mac Mini、そしてiMac。ほとんどのデジタル機器がアップル製品。またアップルが違うジャンルの商品出したら、我が家のアップルシェアは更に上がることでしょう。

デスクトップパソコンって使いやすいかも。
c0128879_2124448.jpg

この中で要らなそうなのはiPadだけど、あると便利です。
c0128879_214050.jpg

寝室のオーディオ音源はIPod。CDのフルデータで100枚強入ります。オーディオ専用でないiPodの弱点を補うために電源強化やらケーブルやら色々やってます。
c0128879_2174366.jpg

メインのオーディオのデジタル音源はMac Mini。CDがフルデータで500枚以上入ってます。Mac MiniからFireWireケーブルでWEISS INT202、そこからSTELLAVOX ST2 96/24と結構気合いの入ったシステム。でも今年レコードに目覚めてから半年以上、電源入れてません。
c0128879_21182361.jpg

[PR]
# by Realisticnagoya | 2011-09-24 21:20 | 家電

フリースペース

息子が大量のオモチャを自分の部屋に片付けてプレースペースがフリースペースに。前々から考えてたセカンドデスクを設置してみましした。でもセカンドデスクって丁度いいのがなかなか見つからない。ハーマンミラーのイームズ デスクなんか良さそうだけど意外にデカい。サイズが丁度いいのはテイストが合わなかったり。結局、友達のお店でオーダーで作ってもらいました。50年代のフランスのオープンカフェ用のビストロテーブルの足に古材の天板を合わせました。ついでに椅子も新調。これもオープンカフェ用の椅子。前から持ってたGrasを合わせて出来上がり。我ながらいい感じに仕上がったかも。

一番スゴいのは、どんな家具ともそれなりに調和するUSMかも。この機能性とデザインは名作家具になること間違い無し?
c0128879_2318369.jpg

足はかなり朽ちてます。でもただ錆びてるだけじゃダメなんだよねー。やっぱりフランスのは無骨でもカワイイ?
c0128879_21251793.jpg

やっとGrasを生かせたかも。
c0128879_23185394.jpg

[PR]
# by Realisticnagoya | 2011-09-22 21:27 | インテリア

美術の線引き

この夏の名古屋はアートフェアーづいてる。昨日から始まったVARIA NAGOYA ART FAIR 2011。現代美術のアートフェアーってことになってるけど、ちょっと違うんじゃないっていう画廊もちらほら。でも普段なら絶対行かない古美術の画廊が出展してたりして逆に新鮮でした。で、そんな古美術画廊で見つけたお相撲さんの土人形。作家の木村浩之さんは、ドイツでも個展をしたことがあるっていうバリバリの日本画家。ものすごい相撲好きで相撲の絵ばかり描いてたけど、今年から立体を作り始めたんだそう。確かに作品をよく見ると、この肉体表現は一朝一夕にできるようなもんじゃない。最近多いアニメとかをモチーフにした、なんちゃって日本画よりこっちの方が全然新鮮。村上隆が徹底的に糾弾してる日本画。この作家さんを見る限り、へたな現代美術のアーティストより面白いと思うのは僕だけ?

取扱い画廊の羽黒洞木村東介は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコも来店しちゃったっていう由緒正しい老舗。
c0128879_2231811.jpg

c0128879_22313555.jpg
c0128879_22312480.jpg

[PR]
# by Realisticnagoya | 2011-09-09 22:44 | 美術

マラソンセッション

ヤフオクで落札したCookin'が届いて、マラソンセッション3部作すべてN.Y.C.住所のオリジナル盤コンプリート!と思ったら4部作だったの?あとStreamin'っていうのがあるの?おまけに4部作に入るのはWalkin'じゃなくてWorkin'の方なのね・・・。Workin'はあまり好きじゃないし、Workin'もStreamin'もオリジナルはN.J.住所でありがたみイマイチ。気長に集めよう。
c0128879_14233997.jpg

とりあえずうれしいN.Y.C.住所のラベル
c0128879_164582.jpg

でもこのRed Garlandの「Groovy」はN.J.住所のセカンドプレスだけど、盤も分厚いし音も良い。N.Y.C.住所の盤が全て良いってわけでもないみたい。
c0128879_1681533.jpg

[PR]
# by Realisticnagoya | 2011-08-17 14:24 | オーディオ

オマージュを超えて

前回もご紹介した友達のペリアン・スツールP/J。量産タイプが上がって来ました。量産といっても10個。これは、その中で3脚作ったフル レプリカ タイプ。厚板を左右で張り合わせるオリジナルと同じ作り方。クサビも打ってあります。ここまでくると本物か偽物か全くわかりません。もともとペリアンは指定の工場で作らせたことはなく、渡航先でその土地の材料を使って、その土地の工場に作らせていたみたいです。だから本物の判別が難しいわけですが、そんな歴史から考えれば今回のスツールの本物との違いは、ペリアンが依頼したかどうかだけかもしれません。少なくともハーマンミラーの現行イームズ ウォールナット スツールより出来がいいです。現在、オリジナルではありえないイエロー、ピンクのバージョンも製作中とのこ。今後の展開が楽しみです。
c0128879_2038270.jpg

今回はオールハンドメイドではないそうですが、逆にソリッドさがよりオリジナルに近い感じ?
c0128879_20404478.jpg

クサビもしっかり打ってあります。
c0128879_20411480.jpg

座面裏の穴も。本物と見分けつきますか?
c0128879_20431953.jpg

ハンドメイドかマシンメイドかは好み?
c0128879_20443839.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-29 20:47 | インテリア

オマージュ

オリジナルの見極めがかなり難しいペリアン・スツール。これは本物でしょうか?かなり詳しい人でも本物と答えると思います。実はこれ10脚近くペリアン・スツールをコレクションしてる友達のオマージュ。研究に研究を重ねて熟練の職人さんに作ってもらった試作品。だから機械は一切使わずカンナのみの100%手作りだそうです。ここまでくると本物とか偽物とかいうレベルじゃありません。コスト度外視のまさにオマージュ。プロダクトとしての風格は本物以上かも。現在、追加で10個製作中だそうで、もう既に全国のマニアが興味を示し始めてるとのこと。facebookでの販売を検討中とか。
c0128879_1813533.jpg

c0128879_1819952.jpg

オリジナルの判別の目印にされる座面裏の穴は開いています。
c0128879_1815157.jpg

でも座面横のクサビはあえて打ってありません。それは現代の技術では必要ないからという職人さんのこだわり。これもオマージュ。でも追加分はクサビが打ってあってますますオリジナルとの判別が困難に?
c0128879_18182324.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-22 18:22 | インテリア

戦略

Mac OS X Lionをインストールして1日。かなりいいかもしれません。まだ動作が不安定なところもあるけど、Snow Leopardの時とは比べ物にならない進化。マジックマウスもストレスなく使えるようになった。これで2600円は安い!と思ったら古いOfficeが使えなくなって2011版を買うはめに。なんでOSよりソフトの方が高いの?これも戦略?PCオーディオ用のMac miniに入れなくてよかった。バカ高い音楽再生用ソフトが使えなくなったら悲しすぎる。
c0128879_16521373.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-22 16:52 | 家電

物体の内側と外側

豊田市美術館の「松井紫朗-亀がアキレスに言ったこと 新しい世界の測定法」に行って来ました。普通は同時開催のフェルメールがメインなんでしょうけど、案の定こちらはイマイチ。それに比べて松井さんの展示は、これまでの集大成といった気迫が。しょっぱなのバルーンは圧巻。渋々着いて来た息子もはしゃぎまくり。物体の内側と外側、自分が今どちら側にいるのかを色々な素材を使って見る者に問いかける作品群。改めて松井さんの素晴らしさを体感できました。
c0128879_15434653.jpg

c0128879_15441429.jpg

c0128879_15543988.jpg

c0128879_15445736.jpg

c0128879_15451241.jpg

c0128879_1545356.jpg

c0128879_15455440.jpg

c0128879_15463095.jpg

c0128879_15474332.jpg
c0128879_15473232.jpg
c0128879_15471296.jpg

c0128879_1547353.jpg

我が家の松井作品と同じシリーズも展示されててちょっとうれしい。
c0128879_15485656.jpg

我が家の松井作品。インテリアとの相性良い。
c0128879_155209.jpg

c0128879_15521165.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-22 15:55 | 美術

相変わらず

半年ぶりにCDを買いました。Facebookで大学時代の友達が教えてくれた「The Norwegian Fords」。スティーリー・ダンを現代に蘇らせたようなバンドです。でもこのバンド、よほどマイナーなのか普通に探してもCDは売ってません。仕方なくAmazon.comのマーケット・プレースで購入。発注から1ヶ月、忘れた頃に送られて来ました。UPSなのになんで1ヶ月もかかるの?商品説明にはNewって書いてあったのにビニールパッキンもなく、どう見ても中古だし。海外のアマゾンのマーケット・プレースは相変わらずいい加減。
c0128879_150668.jpg

半年ぶりにPCシステムの電源を入れました。久々に聴いたPCの音は全くノイズがなくて新鮮。
c0128879_1534448.jpg

c0128879_1535876.jpg

The Norwegian Fordsはアルバムを通してもスティーリー・ダンっぽい。

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-22 15:06 | 音楽

元北米専用

注文から半年、震災の混乱で予定より3ヶ月遅れで納車。震災後の今となってはちょっと気が引ける排気量4L,車重2tの車。ランドクルーザー・プラドとシャシーは同じなのに乗った感じはずいぶん違う。もともとハマー2を意識した北米専用車。でもハマーほど乗りにくくないけどカイエンやトゥアレグほど洗練もされてない。奇妙なのは北米仕様に乗った事ないのに、ウィンカー出そうとしてワイパー3回ぐらい動かしちゃうし、右側で運転するのにスゴい違和感を感じる。国産車ではありえない雑な内装に脳が反射的に反応するのかも知れません。さらに元北米専用だけに日本での使い勝手はすこぶる悪い。日本の狭い駐車場で後部座席の人が観音開きのリアドアから出るのは不可能。基本的にバックをしない国用なので後方視界も悪い。ファミリーカーとして使うにはそれなりの覚悟が必要かも。

オモチャみたいなルックスが子供にはウケがいいみたい。お店の駐車場で子供が何人か寄ってきました。
c0128879_18375012.jpg

ほぼ垂直に立ったAピラーと水平にせり出したボンネットはクラッシックでいいけど、特に急な上り坂は前が見えなくて怖い。
c0128879_18381459.jpg

僕が気に入ったのは3本ワイパー。
c0128879_18382933.jpg

息子が気に入ったのは飛行機みたいな窓。
c0128879_18384942.jpg

松任谷さんがラジカセみたいとブログに書いてたインパネ。
c0128879_2075320.jpg

今時このキー、トホホ。
c0128879_18392783.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-08 18:45 | 自動車・オートバイ

Sale #2

やっとお買い物ブログにもどってきました。アンダーカバーのSaleをきっかけに久々に服のお買い物スイッチがオン。5年近くエイプの服しか買ってなかったから買い始めると止まりません。今日はデニムを探しにMIDWESTへ。でもプロパー品も含めてスキニーしか置いてない。またスキニー流行ってるの?スキニーなんて5年ぶり?いくつか試着してみると、UKブランドのPUDELが履きやすくてイイ感じ。次は靴。PADRONEっていうブランドにMIDWESTが別注をかけたラバーソールがスニーカーみたいに履きやすい。でも色が白黒のコンビ。かなり抵抗があったけど試着してるうちに目がなれた。ライダース、スキニー、ラバーソール。ゲイのオッサン完成。
c0128879_21353547.jpg

果たして本当に履くのか?
c0128879_21242484.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-03 21:38 | ファッション

Sale

なぜか行きたくなっちゃうSale。でもプロパーものを買っちゃってSaleの恩恵を受けられないのがいつものパターン。でも今回は違いました。何気なく寄ったアンダーカバー。ピンとくるものはなし。と思ったら、店員さんが勧めてくれた革ジャンがお買い物センサーを直撃。今期物、バウンティー・ハンターとのコラボなのに半額。厚手のシープスキンで固すぎず柔らかすぎず。カッコいい!これなら着る。Saleは季節ハズレものに限るってことで、スウェット・パーカーも買っちゃいました。イイ買い物できた。
c0128879_2222321.jpg

Saleと言えば我が家はラルフ ローレン ホーム。今回はタオル。
c0128879_22233394.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-07-01 22:24 | ファッション

夫婦の趣味

今日はホームセンターに行ったついでに郊外のギャラリー巡り。珍しく奥さんがGallery APAで作品購入。といっても陶芸作家の小皿。7月15日から個展が始まる矢嶋洋一さんの作品。最近は僕も植葉香澄さんの陶芸作品が気になってるし、夫婦で趣味が合ってきた?でも根本的な違いは実用性。

メタリックでクールな作品が多いらしいけど、こういう作品もあるみたい。
c0128879_17372733.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-26 17:38 | 美術

ペース

大分落ち着いたレコード熱。特にオリジナル盤ならなんでも買いまくるってことはなくなりました。大概のレコードは市場に出て来るから、状態の良い物を妥当な価格で買える機会を待つ余裕も。でもその機会を逃さない様にしてるだけでもそれなりのペースに。以前のCDなみのペースに落ち着くにはまだしばらくかかる?
c0128879_202379.jpg

c0128879_20231617.jpg

名盤収集も着々?
c0128879_20232874.jpg

フォーク,ロックも少々
c0128879_20233968.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-25 20:24 | オーディオ

東京原発

また映画ネタ。この映画スゴすぎます。6年前に作られた映画です。役者もそうそうたる顔ぶれ。でも全く記憶にありません。レンタルビデオ屋で店員さんがやっとの思いで1本だけの在庫を探し出してくれました。3.11が起こらなければ、このDVDは誰にも観られることなく忘れ去られたことでしょう。基本的にコメディーです。でも実際に事故が起こった今となってはブラックすぎます。6年前にこれを作った人、本当に尊敬。必見です!

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-20 19:29 | 映画

ソーシャル・ネットワーク

この1ヶ月くらいfacebookにハマってます。ってわけで「ソーシャル・ネットワーク」のDVDを観賞。映画としても面白いし、facebook誕生の経緯もわかってお勧め。最初は学生の恋愛向けだったみたいだけど、僕には海外の同じ嗜好の人達と交流できるのが楽しかったりします。今はiPhoneもあるから寝てる時以外はリアルタイムで情報交換できちゃう。これが発展すると近い将来「サマー・ウォーズ」みたいな世の中になる?
c0128879_14365176.jpg

「サマー・ウォーズ」の元ネタってfacebook?
c0128879_144288.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-19 14:48 | 映画

UNDERMAN

服は買わないのに、なぜか年1でアンダー・カバーの雑貨を買ってる。今年はなんとソフビ人形。告知を見た時はカワイイなとは思ったけど、3体で30,000円弱っていう値段にドン引き。でもコラボしてるブルマァクっていうメーカーのHPを見ると自社製品でも1体6,000円だからそんなムチャムチャな値段でもない。ソフビって意外に高いのね。そうやって意識し始めると、こういうオバカなソフビって意外にない。更にお店に問い合わせたら入荷が極端に少ないとのこと。これは買うしかないでしょってことで開店時間にお店に行ってゲットしました。そしたらなんと入荷は各1体のみ。名古屋でこれ買ったの僕だけ?またお買い物バカっぷりを発揮してしまった?

でも本当にカワイイ。
c0128879_1757487.jpg

パッケージも本格的。
c0128879_1759281.jpg

去年はこんなにクールなリンゴのランプだったのにスゴイ変わり様。
c0128879_180195.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-11 18:10 | 雑貨

ホーン

いまだ続くレコードブーム。最近は調達先が北米,欧州まで拡大。もう一つの変化は、今まであまり聴かなかった管楽器の入ったカルテットやビッグ・バンドもテリトリーに入って来たこと。でも平均単価が1万円に近づいて来たことはゆゆしき変化…。

気が付けば、結構集まって来たJohnny Hodges。
c0128879_2138628.jpg

まだ単品の人達。
c0128879_21391222.jpg

ボーカルものも相変わらず買ってます。
c0128879_21401078.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-04 21:44 | オーディオ

まさか

F1 第6戦 モナコGP。小林可夢偉は期待を裏切らないどころかまたやってくれました。予選13位から、まさかの決勝5位。録画を観ながら家族で大騒ぎ。サッカーでも野球でもなくF1で盛り上がる家族。超マイノリティーです。鈴鹿のチケットは4月に発売開始と同時に購入。今年は我が家も気合い入ってます。
c0128879_22342488.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-06-01 22:37 | 自動車・オートバイ

フレグランス

模様替えの勢いで昨日は家の大掃除。買ったきり放ってあったVISVIMの服にまだお店の香りが付いてる。それがスゴくいい香り。フレグランスも売ってたことを思い出して今日キャンドルを買って来ました。サンタ・マリア・ノヴェッラ以来のヒット!家中この香りにしたい。

容器もかわいい。
c0128879_20253987.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-30 20:26 | 雑貨

お引っ越し

部屋の模様替えで絵もお引っ越し。棚の設置で飾れなくなった長谷川純の作品を廊下に飾ってみました。場所を変えると見え方が違うから不思議。改めて良い作品だなと思っちゃいました。この人、現在はTARO NASU Galleryのギャラリー・アーティストに名前がないから、イギリスだけで活動してる?スーパーフラットの流行に乗っかった様に見られるんでしょうけど、流行とは関係なく良い作家だと思います。
c0128879_2155438.jpg

今見てもやっぱり良い。まだまだ活躍して欲しいです。
c0128879_22113720.jpg

c0128879_2212825.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-29 22:12 | 美術

オタクの部屋

さすがにレコードがオリジナル盤だけでもコンテナ2つに収まらなくなってきた。でも収納家具は置きたくない。この一週間お店を廻ったり、ネットを調べまくったりしたけど妙案なし。友達に相談してもUSMかオーダーしかないんじゃないっていう結論。悩んだあげくUSMの中古で妥協。なんだかんだ言っても、これ以上のシステムラックってないんですよね。どうせならってことで、部屋の模様替えも兼ねて春日井のリ・スタイルで大きめUSMを購入。中古でもそれなりの値段でした。家で設置してみるとレコード収納にはこれ以上のものはないって感じ。収容力は余裕で1000枚以上だけど使い切れるわけもなく、置いた場所が息子のプレイスペースだったから開いた棚は全て玩具で埋まりました。収まった玩具はLEGOとガンプラ。ガンプラが棚に飾ってあるだけでオタクスペースに早変わり。ガンプラのパワー恐るべし。
c0128879_22204087.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-28 22:25 | インテリア

ジュリー・ロンドン

ジュリー・ロンドンのオリジナル盤。気が付けば結構買ってる。一時の人気が落着いたのと、もともと数が多いから最近はかなり安いみたい。所詮は50年代のポピュラー音楽なんだけど、音がムチャムチャ良い。特に最初期のモノラルのターコイズ・ラベルは抜群。決してスタイリッシュな楽曲じゃないけど、50年代にハーマン・ミラーの家具とか買ってたのって白人が中心だろうから、そんな部屋でかかってたレコードってジュリー・ロンドンだったりするんでしょうね。
c0128879_21175332.jpg

ジュリー・ロンドンのターコイズ・ラベルはハズレなし?
c0128879_21184311.jpg

最初期のステレオ盤ラベル。これもすばらしい。
c0128879_21193319.jpg

レインボー・ラベルになると普通…。
c0128879_21201325.jpg

資料から音は聞こえないけど、イームズ・ハウスでも当時はジュリー・ロンドンが流れてたりして。
c0128879_21212376.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-26 21:27 | オーディオ

70年代

最近ハマり始めた70年代のオリジナル盤。うれしいのは50年代のジャズのオリジナル盤に比べて極端に安い。それでいて音はセカンドプレスや国内盤とは段違い。更に名盤といわれるタイトルも多い。良いことずくめのようだけど、難点は奥さんから「オヤジの懐メロでしょ?」と言われてしまうところ。

リンダ・ロンシュタットの1976年のタイトル。珍しいAsylumの青ラベル。多分かなり初期のプレスで恐ろしい音の鮮度。小学生で洋楽を聴き始めた頃の甘酸っぱい感じがオヤジの懐メロ度全開。今聴くとカントリー色ムンムン。実はとっても保守的なアメリカのポピュラー音楽の歴史を感じます。
c0128879_20463313.jpg

イーグルスの初期の名盤。個人的には「ホテル・カリフォルニア」より好きです。TAS Super LPに選ばれるだけあって凄まじい音。部屋の中でギターアンプを鳴らしてるような生々しさ。この頃のイーグルスもカントリー色が強いけど、ちょっと硬派な感じ。
c0128879_20594140.jpg

僕が一番好きなアルバム、Donny Hathaway 1972年の「Live」。ラベルの住所がBroadwayの初期盤。もとの録音が良くないけど国内盤とは段違い。前の2枚と年代は同じでも内容はかなりディープ。政治、経済とも問題山積みだった70年代のアメリカ。比較的恵まれてた白人層と、苦境に立たされてた黒人層の違いが音楽にも反映されてるような気がします。
c0128879_2181938.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-26 21:08 | オーディオ

ノイズ

レコードのオリジナル盤に目覚めて1ヶ月余り。1枚のレコードに1万円以上出すのも抵抗がなくなって金銭感覚が完全に麻痺。リーマンショック前は今より3〜5割高かったっていうから恐ろしい。とはいえ人気タイトルは今でも5万円以上はざら。いくら金銭感覚が麻痺してもレコード1枚に5万円は出せません。というわけで、稀にオリジナル並みに音が良いものがあるという超高音質盤を購入してみました。オリジナル盤を聴いたことがないから何とも言えないけど確かに悪くない。でも何かが違うような。家具で言うと良くできたリプロダクトみたい。ピカピカの新品より、サビサビ、ヨレヨレのオリジナルの方が味がある。レコードの場合は50年以上の歳月がノイズとして出るような。ノイズもオリジナル盤の魅力だと思ってるのって僕だけ?

ビル・エヴァンスの「ワルツ フォー デビー」のオリジナルは、あまり音が良くないらしい。このAnalogue Productionsの方が良いという噂。でもこの会社もう潰れてて、アメリカから結構な値段で取り寄せました。
c0128879_21575988.jpg


マイルスの「カインド オブ ブルー」は、この4月に米コロンビアから発売されたばかり。アマゾンで2500円。純粋に音楽を楽しむだけなら驚異的なコストパフォーマンス。
c0128879_2252917.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-21 22:11 | オーディオ

今年の夏は

サンダルの入荷連絡があって矢場町のF.I.L.へ。このお店、シンプルでリラックスした雰囲気だけど、色んな所に仕掛けがあって品数は多くないのに色んな物を発見するようなワクワク感がある。店舗デザインが優秀なんでしょうね。ところが肝心のサンダルは、見せてもらったらイマイチ。それじゃー方向転換してデッキシューズでも。履いてみるとスニーカーより気持ちいい。これなら履くかも。友達には「どうせ履かないからやめた方がいい。」って言われたけど、今年の夏はがんばってみよ。

ついでにTシャツも購入。次々色んな物が欲しくなっちゃう・・・。
c0128879_2313328.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-20 23:16 | ファッション

Dave Brubeck

Dave Brubeckのオリジナル盤が放出されてて思わずゲット。でもよく考えたらDave Brubeckって誰?名前は聞いたことあるけど何する人?帰りに寄ったオーディオ屋さんでも「サックス吹く人だっけ?」って僕と同じレベル。またまたWikipediaで調べたら、彼はピアニストで誰でも知ってる「Take 5」はDave Brubeck Quartetの曲だそうな。なるほど、それで名前だけは記憶にあるのね。でも聴いてみると5枚のうち3枚はかなり微妙。すごくオシャレな空間で有名DJがかけてたらすごくオシャレに聴こえるだろうし、伊豆の温泉の商店街なんかでかかってたら昭和へGO!って感じ。Erroll GarnerとかもJazzにラテンのエッセンスを取込んだっていう点では同じなんだけど、この恥ずかしい感じがないのはなぜなんでしょう?ロックが良かったのが70年代までだったように、Jazzは50年代までだったってこと?
c0128879_203774.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-15 20:39 | オーディオ

PC復権

マライア・キャリーの1つ前のアルバム「MIMI」。このレコードがなかなか手に入らない。入手困難となると俄然燃えてしまういつもの悪いクセで、ネットで探しまくって最新作の「E=Mc2」まで揃えてしまいました。wikipediaによると1990-1996年がブレーク期、1997-2000年が転換期、2001-2004年低迷期、2005-2008年が再ブレーク期だそうで、転換期にはポップスからR&BやHip-Hop色を強めてアメリカのメインストリームがR&Bになるきっかけをつくったらしいです。再ブレーク期のこの2枚は、よりHip-Hop色の強い仕上がり。演奏は全て打ち込みで歌声もかなり加工されてます。ここまでくるとさすがにCDの方が良いんじゃないかとTSUTAYAでレンタル。MacにリッピングしてPCシステムで聴き比べてみました。案の定、PCの方が超低音のキレが断然良い。奥さんにブラインド テストに付合ってもらっても、いつもとは逆でPCの方が音に厚みがあって良いとの感想。当然と言えば当然かもしれないけど、完全デジタルの音源はデジタル再生の方が良いみたい。レコードにやられっぱだったPCシステム復権?あと70年代のアンプやスピーカ−でも、最新音源の超低音を再生できたのは驚き?

再ブレーク期はジャケットがイマイチ?
c0128879_0494264.jpg

最新アルバムは100%?PCで作ってるからPC再生が正しい?
c0128879_051489.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-14 01:01 | オーディオ

更に

今日は勢いに乗って4ヶ月ぶりに服屋さんへ。いいかげんエイプにも飽きたなと思ったところでVISVIMの前を通りかかってピンときてしまいました。ガラス張りの2階建て店舗の1階には商品をほとんど置かず、店員さんもいない。この客を寄せ付けない感じが良いけど、入り口の開け方までわかんない。手で引き戸を開けようとしたら自動ドアでした。前に来た時はどうやって入ったんだっけ?2階に上がっても商品は最小限。この品薄感が購買意欲をそそります。夏物の短パンを探してみると2種類あって価格はどとらも27,000円。短パンが27,000円!!とりあえず試着してみると穿き心地最高、作り最高。店員さんも「良い生地使ってしっかり作ってます。」と自信満々。ついでにTシャツも買ったら、冬物なみの出費に・・・。これで気に入っちゃって、ここの服買うようになったらレコード買えなくなっちゃう。

包装もカッチョイイ!
c0128879_193184.jpg

[PR]
# by realisticnagoya | 2011-05-08 01:16 | ファッション